薬

血糖値を下げて健康的に

特定保健用食品とは

女性

糖尿病患者は1300万人を超えると推計され、生活習慣病と言えば糖尿病が思い浮かぶほどです。しかしながら治療を受けていない人が多いという現状で、自覚症状がなくても徐々に進行してしまいます。そのような状況で、最近では特定保健用食品という名前をよく聞くようになりました。テレビCMでも「食後の糖の吸収を穏やかにする」、という宣伝文句のお茶が紹介されています。しかしこのような商品は、糖尿病を治療するものではないということに注意が必要です。あくまでも補助的なもので、食後の血糖値の急激な上昇を抑えるためのものです。治療は食事療法で余計なエネルギーを摂取しないようコントロールし、運動療法でエネルギー消費を促進することです。ほとんどが日頃の生活習慣で自力でコントロールできる部分です。それでも効果が表れない場合は、医師の指導により薬物療法が行われることもあります。

有効な健康食品はあるのか

糖尿病には食事療法と運動療法が基本ですが、効果的なサプリメントなどの健康食品はあるのでしょうか。糖尿病のメカニズムに加えて、有効なサプリメントというものがあります。血糖値とは血液中のブドウ糖のことです。炭水化物を摂取すると、消化されてブドウ糖になり血糖値が上昇します。血液から全身に送られエネルギーとして消費されると、血糖値が下がる仕組みになっています。更に詳しく言うと、インスリンというホルモンが血液中のブドウ糖を筋肉などに取り込む働きをしています。このインスリンの働きが低下することも糖尿病の原因と言えます。インスリンに作用するサプリメントとしては、高麗人参由来のものが効果的と言われています。高麗人参やコエンザイムQ10など人気を集めているサプリメントは、インターネットの通販サイトから購入することが可能です。サプリメントを積極的に利用することで健康を維持することができ、高麗人参やコエンザイムQ10は若さも維持することが出来るでしょう。